ナチュロルの成分は?原材料はどのようなものが使われているのか?

ドッグフードを選ぶとき皆さんはどのような事を重視して買っていますか?

 

価格?栄養面?これらも重視すべき大事な点ではあります。

 

だけど、一番に重視すべき点は間違いなく「成分」「原材料」です!

 

ワンちゃんが毎日健康に過ごすためには食事が一番大切といっても過言ではありません。

 

原材料はなにが入っていて、成分が悪かったら愛犬の寿命を縮めてしまう可能性もあります。

 

しかし、ナチュロルに含まれている原材料・成分は犬の健康を第一に考えて、なお食いつきも追求した良質なものが選び抜かれて作られています。

 

今回そんなナチュロルに含まれている原材料や成分について徹底解説していきたいと思います。

 

ナチュロルの原材料と成分

 

 

(原材料)
新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬肉、新鮮魚肉、さつまいも、魚粉、ジャガイモ
ココナッツ、安定・持続型ビタミンc、天然バイオフラポノイド、煎りゴマ、ひまわり油、
乳清、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌群

 

(成分)
・安定・持続型ビタミンc 1000mg/kg
・粗タンパク質 27%〜31% 粗脂肪6〜9%
・水分9%以下
・天然バイオフラボノイド 400mg/.kg
・ビタミンE 400mg/kg
・安定・持続型ビタミンc 1000mg/kg

 

*ナチュロル公式サイトから引用

 

選び抜かれたシンプルな原材料

 

 

原材料は引用文を見て分かるとうりとてもシンプルになっています。

 

主に使われている原料は主に、牛肉・鶏肉・馬肉・魚となっていて、国産ドッグフードでよくあるミールなどは使用していません。

 

また、公式サイトからは事故死や病死した肉は一切使用していないと書かれていますので安心ですね。

 

穀物不使用(グレインフリー)

 

穀物類を犬が摂取しすぎると、消化器官に悪影響を与えて内臓などに負担をかけてしまう恐れがあります

 

しかも、犬によっては穀物アレルギーをもってたり、肥満の原因にもなる可能性がありますので出来るだけ避けたい原材料です。

 

ナチュロルは穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードですのでそのところも安心して与える事ができます。

 

安定・持続型ビタミンcを配合

 

ビタミンcは、犬体内で生成することができるため、特に必要ない栄養素だと認識されています。

 

しかし、喫煙者がいるご家庭などは、犬のビタミンcが不足しやすくなる傾向にあります。

 

また、ビタミンcには免疫力向上や、体脂肪燃焼など素晴らしい効果があります。

 

そういった健康面を徹底的に追及されてナチュロルは作られました

 

無添加

 

そもそも無添加の定義は何なのか?

 

ナチュロルの無添加の定義は、体に悪いものを添加していない。

 

無添加の定義の認識は人それぞれですがナチュロルの場合は栄養面を考慮しビタミンcを添加しています。

 

ドッグフードによっては着色量など、体に少し害のある添加物を使用していますがナチュロルに入っているビタミンcという添加物はむしろ犬の健康にいいものを添加させているので「100%無添加」になっています。

 

 

まとめ

 

ナチュロルの原材料や成分について調べってみた結果、添加物は入っているが決して健康に悪影響を与えるものではないものが入っている!

 

その理由としては、使用されている添加物は健康上にいい「ビタミンc」だから、逆にワンちゃんにとっていいものが入っているからです。

 

原材料にもこだわっていて、犬にも安心して食べさせることができるドッグフード。

 

「大切な愛犬だから、美味しいものを食べさして健康にもいいものを食べさしてやりたい!」、そんな飼い主さんの思いをナチュロルは答えてくれます(^^♪