ナチュロルを食べて下痢をする原因とその対処法を解説

最近、話題沸騰中の「ナチュロルドッグフード」

 

こんな人気なドッグフードですが、実は悪い口コミなどもあるんです。

 

 

何事にも、いい評判より悪い評判の法が耳に残りますからね。

 

私がみて気になった悪評は「ナチュロルを食べて下痢をする」というものでした

 

そこで今回は何故ナチュロルを食べて下痢をするワンちゃんがいるのか?

 

原因と対処法を話していきたいと思います。

 

ナチュロルを食べて下痢をする原因

 

まず「ウンチが緩くなった」「下痢になった」などの原因はなんなのか?

 

どんなドッグフードでも新しいものを食べると、消化器官が慣れていないため新しいフードに変えると下痢をしてしまうワンちゃんはいます。

 

でも、ナチュロルの場合は少し違う原因があります。

 

<原因@> 与える量が多い

 

 

下痢をする原因で一番多いのがこれです。

 

市販に売られているドッグフードは、かさ増しとして穀物類が使われていて、
主に麦・トウモロコシ・米など栄養価の低い物が沢山含まれています。

 

ですがナチュロルドッグフードの場合、穀物は一切含まれておらず(グレインフリー)

 

国産の牛肉・馬肉・鶏肉・魚肉をたくさん使用しているドッグフードです。

 

つまり、ナチュロルは一粒一粒の栄養価が高いため、今まで上げていた量と同じ量を与えると「食べすぎ」になってしまいます。

 

犬は食べすぎると、下痢をしやすくなります。

 

対処法

 

こういった問題の解決策は、しっかり給餌量を決めることです。

 

給餌量を表にまとめましたのでこれを参照ください、

 

体重 1kg 2kg 3kg 5kg 10kg 20kg 30kg 50kg
運動が少ない 23g 28g 46g 56g 85g 169g 225g 337g
運動が多い 23g 47g 63g 92g 155g 296g 401g 682g

 

適正量をしっかり守って給餌をしてあげましょう。

 

<原因A> ウンチを固める人工添加物が入っていない

 

ナチュロルの原材料には人工添加物などは一切入っていません。

 

しかし、市販で売られているドッグフードには「ビートパルプ」という、ウンチを固めてくれ添加物が入っています。

 

実は、ピートパルプという添加物は犬にとって体にかなり負担をかけてしまいます。

 

ピートパルプという添加物には砂糖大根というものを使われおり、砂糖を輸出する際に硫酸系の薬剤を使用しています。

 

ということは、ビートパルプを使ったドッグフードには硫酸系の薬剤が残っている可能性があり、残った硫酸系の薬剤が犬にの体の中に蓄積していくんです、、、、恐ろしいですね(*_*)

 

 

ナチュロルにはウンチを固めるビートパルプは、もちろん配合していません!しかも100%無添加で作られているので安心できますね!

 

そのため、ナチュロルを食べてうんちが緩くなったのかもしれませんね。

 

ですので、上記に書いている給餌量を守って1週間は様子を見てみましょう。

 

まとめ

 

今回ナチュロルに変えて下痢をした場合の対処法をまとめてみますと

 

下痢になった場合、1粒あたりの栄養価をしっかり把握して1日の給餌量をしっかり守り1週間は様子を見ましょう!

 

以上!ナチュロルを買うか検討中の方は、これを参考にしてほしいと思いまとめてみました

 

様々なドッグフードがありますがどんなドッグフードにも必ず悪評はあります。

 

すべての悪評が本当に悪いことだけではないので、その悪評は本当に悪いことなのかもしっかり把握しておきましょう。

 

 

ナチュロルドッグフードの原材料は本当に素晴らしく、穀物など不要なものは一切入っておらず

 

理想的な栄養バランスとなっています。

 

小型犬はもちろん、シニア犬にもおすすめできるドッグフードです!

 

100円からお試しもできますので、是非試してみてください!